Blog&column
ブログ・コラム

屋根塗装が剥がれる原因とは

query_builder 2022/09/08
コラム
26

外壁と同様に屋根も劣化と共に、塗装が剥がれてきます。
見た目だけではなく、住宅に関する影響が出てきてしまうためメンテナンスが必要です。
そこで今回の記事では、屋根塗装が剥がれる原因などについて解説していきます。

屋根塗装が剥がれる原因
塗料の種類にもよりますが、一般的な塗装の寿命は10年ほどとされています。
紫外線や雨風などの経年劣化によって、10年を過ぎると塗装が剥がれてくるでしょう。

シリコンなどの塗料は早くても5年を過ぎると、寿命がくることもあります。
特に屋根は自然の影響を直接受けるので、住んでいる地域によっては外壁よりも先に剥がれてくることもあるのではないでしょうか。
寿命よりも先に剥がれてくる場合は、施工不良の可能性もあるので業者に問い合わせる必要があります。

塗装が剥がれてきたらどうすべきか
屋根塗装が剥がれていても目立つ範囲ではない場合、そのまま放置にしている方も多いです。
しかし剥がれをそのままにしておくと、紫外線や雨風は屋根材に直接当たることになるので屋根自体に影響がでてきます。
塗装だけで済むはずが、屋根材まで劣化するので工事の範囲が広がることもあるので注意が必要です。
早めに補修を依頼することで、塗装のみの工事となるので最終的には費用も抑えることができます。

▼まとめ
屋根塗装が剥がれる原因として、紫外線や雨風による経年劣化と施工不良が挙げられます。
早めに補修することで最小限な工事費用だけで済むので、気付いたら出来るだけ早く業者に依頼しましょう。
弊社では、大東市で外壁工事などを承っております。
屋根塗装が剥がれてきた方などは、是非一度お問い合わせください。

NEW

  • サイディング工事について

    query_builder 2022/05/17
  • 解体工事の費用相場と安く抑えるコツ

    query_builder 2022/11/01
  • 解体工事の種類

    query_builder 2022/10/22
  • 解体工事の近隣への挨拶の注意点

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE